金継ぎのやり方|無料で学べる イラスト豊富でわかりやすい!

金継ぎとは?

金継ぎで修理する金継ぎとは、割れたり欠けたりした焼きものをで接着し、繕った部分を金を装飾していく修理方法のことです。

漆(本漆)は、季節にもよりますが、乾燥に数週間の時間がかかります。金継ぎで修理するには、数ヶ月かかる場合もあります。

生漆の金継ぎとは

割れた器に金継ぎをする

このように割れてしまった器を、生漆で接着する方法を写真付きで解説しています。漆継ぎの方法・解説はこちら。

いろいろな金継ぎの手順をご説明しています。

金継ぎ器イラスト

金継ぎの道具・材料について

金継ぎの道具金継ぎに必要な道具»
接着材料(漆・パテ)や、へらなどの道具についてくわしく解説しています。

金継ぎには、新漆(パテの仲間)を使った、やや早い方法もあります。
新漆を使った金継のやり方»
準備から金引きまで3日程度と、かなり短い期間で完了するところが最大のメリットです。

金継ぎについて学べる書籍


金継ぎ一年生 本漆で、やきもの、ガラス、漆器まで直します


金継ぎのすすめ: ものを大切にする心